津久井湖釣行(366回) | 茅春の独り言

津久井湖釣行(366回)

0
     今月11日と12日に津久井湖に行ってきました♪
    久しぶりの釣行に胸を躍らせながら長年走りなれた中央高速をひた走る茅春であります。
    途中甲府昭和で挨拶を済ませ、いざ津久井湖へ。

    13時頃に沼本に到着。駐車場で沼本旅館の女将さんたちに可愛がられるチャコでした。半年前に柴犬を飼っていたらしく、チャコを撫でながら寂しそうに話しかけていたのが印象的だったな・・・

    夕方4時ころから竿を振る茅春です。12尺の竿に2.5号の道糸、針素1.2号。棚は2本半の底釣りです。
    2投目に触りがありました。『ありゃ!触ったぞ!』などと喜ぶ茅春です♪
    3投、4投・・・触りがあるけど食い当たりが出ません。『こりゃ、ジャミじゃない!』きっと巨べらに違いない!そう息巻いてると、ついにズトン!っとトップが消し込まれました。

    来た!!そう心の中で叫ぶ茅春!!

    ガツン!!!確かな手ごたえがありました!!!

    4投目で乗せたぞ!!!新記録だ!!!

    重い手ごたえに、次にやってくる強烈な締め込みに気を引き締める茅春。
    障害物の位置は把握済みだ。いつでも来い!一層身構えた茅春。

    『おりゃ!!』気合いと同時に竿を引き上げる茅春・・・

    しかし、締め込みとは裏腹に、重い巨べらはすんなりと上がってくるではありませんか!
    『もしかして巨べらは俺の気合いに慄いたか…』そう勝手に解釈する♪

    すんなり浮いてきた巨べらは、ポカリと水面に浮いてきました。
    『よし!ここだ!』右手に持った45センチの自作玉枠を巨べらに差し出す茅春。
    巨べらは暴れることなくすんなりと自慢の自作玉枠に収まったのです。

    『釣れない時期が長かった・・・でも自作の玉枠もこれで喜んでくれてるはずだ♪』

    暗闇の中、満面の笑みを浮かべながら玉枠に小型懐中電灯を照らすと・・・


    『カメ!!!』


    40センチくらいのミドリガメが玉網の中をもがいてる・・・

    思わず周りを見渡す茅春です。見られてたら恥ずかしい・・・
    まあ、暗闇だからそんな心配もいらないけど。ハハハ

    その後、1時までやるも二ゴイが2匹。

    こんなもんだと強がりを言う茅春です。

    翌日は夕方帰路にたちました。途中今は亡き恩人の住む甲府昭和で報告して一路奥飛騨へ♪
    これからも見守ってください、よろしくお願いします!

    東京のSさん、Mさん、Tさん、Mさん。神奈川のYさん、千葉のAさん、茨城のIさん。
    いろいろとありがとうございました♪


    当日のポイント



    まじめに仕事します・・・♪

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:389 最後に更新した日:2015/08/21

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM