欲しがる癖(593回) | 茅春の独り言

欲しがる癖(593回)

0
     へらぶな釣りはお金をかけずに楽しむことができる半面、湯水のように大金をかけることができるのもへらぶな釣りです。
    私は大金などかける余裕が無いので有名な竿などは持っていません。ただ良いものを持ちたいという気持ちは人並みに持ってる。万力や竿掛けなどは自分が気に入るように自作していたものです。
    へら浮子もそうで、買うには高すぎるし自分の釣りに合ったへら浮子を探すのも大変なのでそれならということで、自作を始めたわけです。

    画像の水箱も自作のものや購入したものもあります。普段は初代響きを使ってるけど、たまに水箱を持って釣りに行きます。水箱なんて現代の釣りバッグに比べると機能面では劣るし手軽ではありません。でもへらぶな釣りには水箱が良く似合うと思ってる♪重さとか機能とかそういうことでは語れないものもあることが事実だと思っています。

    へらバッグを初めて手にしたのが中学2年生の時です。オヤジに買ってもらったものなんだけど、今でも忘れないキャンパス地の安物バッグでした。しかし私には充分過ぎるものであったわけで、木製の餌箱やアンテナ式の元受け、安物糸やマッシュや赤へらを入れてあちこちに釣りに出かけたことを今でも忘れていません。
    このバッグを肩にかけてオヤジのお古の竿ケースを持ったときは一人前のへらぶな釣り師になったと
    自己満足に浸っていた43年前のことです♪ハハハ



    使いもしないのに欲しがる茅春です♪困ったものです・・・

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:389 最後に更新した日:2015/08/21

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM