茅春の独り言

休日が羨ましいのか♪(571回)

0
     自営業はいつでも休めます♪好きな時に休んで釣りに行ける♪へへへ
    そう確信していた茅春です。しかし・・・以外にも休めないのが現実なんだなこれが。うん
    土日だろうと祝日だろうと仕事場に籠って仕事してるのが現状です。
    サラリーマン時代は自営業の人が羨ましかった!特に良い時期でも休日にならないと釣りに行けないからです。そんな私が自営になったとたん釣行回数が減った。案外そんなもんなんだろうなあ。

    GWに間に合わせるため必死に作りあげたへら浮子も無事に発送にこぎつけました。良かった♪



    亀山宙スペシャル♪ボディ12ミリ径の7〜10センチ。グラスムクの1ミリロングにカーボン足と2.5ミリ径パイプに竹足仕様。どちらも大餌に対応できる巨べら浮子です♪



    うどん浮子です♪ボディ4ミリ径の8〜12センチ。オリジナルは4.3ミリ径だけど4ミリ径に変更してます。



    雅と智そして浅棚浮子の2本セットです。グレーの総塗りにシルバーのグラデーション。足はピンクに塗ってます。トップの塗りも指定され点塗りとしました♪



    うどん浮子です。ボディ4.3ミリ径の7〜10センチ。シビアなアタリを拾うことができるはずです♪



    智のボディ塗装をゴールドの帯塗りとしました♪シンプルで良いです♪

    ゴールデンウイーク♪(570回)

    0
       GWは釣り師だけじゃなくても嬉しいものですね♪
      私もサラリーマン時代GWは相模湖に入り浸りでした。年休をとって6〜8連休を釣り場で過ごすわけです。3,4日舟から降りないで過ごすことも珍しくなくあの頃は体力気力が有り余ってたと今更ながら感心する茅春です。先般の釣行のように2日間釣れないからと言って根を上げる現在。何とかこのマンネリを打開しないとなあ♪へへへ

      画像のへらぶなは尺半を超える大物です。大分の田中さんが釣りあげたもので、魚体は素晴らしいと思う茅春です。メールで茅春の浮子で釣りあげ自己記録を更新とのことでした。ただ茅春の浮子が画像に載っていなかったのでプレゼントは結構ですとのことでしたが、釣り上げたのは事実なので次回注文を頂いたときは1本分を差し上げるつもりです♪うんうん



      素晴らしい魚体♪私も釣ってみたいです!

      根が無い男(569回)

      0


        上から室生ダム宙浮子。大餌大仕掛け対応タイプ。12ミリ径の6〜9センチ。
        ロングムクに長足仕様です。
        二段目は亀山スペシャルノッ込み仕様♪底を切っても使える智の高浮力タイプです♪
        三段目は梓の標準品です。どちらも全塗装です♪
        四弾目が雅と梓の改造版です♪野池ダムで活躍間違いありません♪へへへ

         さて先日から津久井湖に行ってきました♪
        夜10時過ぎに出発し朝方3時に沼本に到着。明るくなるのを待ってから釣りを開始しました。
        状況は全く駄目で常連さんの言うには冷たい雨が降ってからは魚が全然接岸しないとのこと。私も沼本は25年前から通っていたのでなんとなく悪い雰囲気はすぐに分かりました。

        竿を出すも徹夜明けは私にはとってもキツかった。昔はこんなはずじゃなかったんだけど、眠くて仕方がないのです。動かない浮子を眺めながらウトウト・・・そうなんです。私の今回の遠征はもう終了してるのです。はい
        竿を出せばそれで満足なのか!茅春!そう怒られそうですが、この体が何ともならないのだ。
        とりあえず釣りはつづけたけど、昼間はノーアタリで夜は二ゴイにもてあそばれた。へへへ
        もうちょっと状況を確認してから今度は行こう♪どうせ寝るけど・・・エヘヘ

        今日から仕事再開です!
        トップ塗って発送しなきゃならない数セット。遅くなってすみませんでした!









        今夜から遠征です♪(568回)

        0
           待ちに待った格安車の車検が終わりました。
          そう言うことで今夜から遠征に行ってきます。明日の朝から津久井で釣りをするんだけど、夜はそのまま津久井かそれとも相模湖のナイターをするかは未定です。ただ相模湖のボートに乗ると連れてくるチャコが心配です・・・夕方から朝まで車の中でおする番してもらわないとなあ。うん

          明日朝から沼本かあ〜♪何だか久しぶりです。お天気が回復して良い状況になってれば良いのだけどね。今の沼本や相模の状況がわかる方は教えてくださいね。お待ちしております♪


          突然お爺さんに(567回)

          0
             朝晩まだまだ寒い奥飛騨です。ストーブも全開で都会に比べてら冬そのものかもしれませんね。
            さて、最近のことなんだけど滅多に連絡が無い長男のことです。この男たまに電話があるとしたら車で事故ったという悲しいことばかりです。まあ私も人のことは言えないんだけどね。へへへ

            夜長男から電話があって事故じゃないかなと思いながら嫌々受話器を取る茅春でした。
            冒頭なんかあったのか??そう言う私に長男はちょっと話があるんだよね〜!そうきやがった。
            なんだ?事故か?借金の申し込みか?ん?ん?すると長男は結婚しようと思ってるという。事故じゃないことにホッとした私はそりゃめでたいな♪お前も28才だから結婚してもおかしくはないしな。
            そのあと長男は言い放った。『子どもも出来てるんだよね…』へ〜〜!メデタイね・・・ちょっとまて!順番が違うだろう。結婚式してから子どもだろう!いわゆる出来ちゃった結婚あわけかい??

            相手は小学校の先生とのこと。長男も中学の体育教師なので、どこかで顔見知りになったと推測する茅春です。とにかく長男は良いとしても彼女お腹が気になる。彼女の親御さんの挨拶や早めに入籍など済ませたほうがいいぞと私は言う。
            電話を切った後しばらく考え込んだ茅春です。
            『俺がお爺さんか…』何だか素直に喜べないな〜〜!!そんな茅春です♪へへへ



            亀山湖ノッ込みスペシャルです♪智をベースにトップの色やボディ塗装色を変更しました。湖面に浮かぶブルーの三色グラデーションが映えるはずです♪



            室生ダム春スペシャル♪梓をベースにボディ6〜9センチで9ミリ径です。短竿から中尺までの底や宙で活躍するはずです。ボディ塗装はマーブルでトップは点塗り仕様です。



            椎の木湖大会仕様♪ボディ4ミリ径の8センチ。感度重視に仕上げています♪トップの塗りも個性的に仕上げてますね♪

            そのうち行方不明♪(566回)

            0
               4月に入ったのに釣りに行けない茅春です。いつもは腰が重くいざというときは決まって行きそびれるのだけど、行けないとなるとどうにも悔しい。
              車検に出してる車はやっぱりミッション交換で時間がかかってるようだ。まあ仕方ないんだけどここら辺が田舎なんだよなあ。のんびりしてる♪

              車が上がったらすかさず釣りに行ってきます。ついでに姉や父親の顔を見に行くつもりです。
              数日間は工房から姿を消すけどね♪へへへ
              ただチャコを連れていかないといけないからなあ・・・そこら辺が問題です。


              梓で釣った40センチ♪綺麗なへらです♪次回は45センチ上を期待しております。



              室生ダム春スペシャル♪梓の改造版でボディ9ミリ径で6〜9センチ。足は3.5〜5センチ。トップはハイテクムクの中細点塗り仕様。底と宙どちらでも使えるように設計しました。次回のノッ込みに間に合うように作ります。ボディ塗装はマーブル塗装とします。



              椎の木湖スペシャル♪大会専用浮子です。ボディ4ミリ径の8センチ。1.2ミリ径のハイテクパイプです。足はカーボンの1ミリ径としました。ボディ塗装は赤と青のグラデーションです。これから上塗りに入ります。



              亀山湖ノッ込みスペシャル♪ボディは10.7ミリ径の極太4〜7センチ。ボディ寸法他は智のオリジナルと同じです。ボディ塗装はブルーの三色グラデーション仕様。これから上塗りに入ります♪今度の日曜日に間に合うように制作しています。

              寒の戻り(565)

              0
                 今日は寒の戻りなのか一日寒かった。
                最近昼間は窓を開けて仕事することが多かったのですが、今日はさすがにストーブ全開です。

                さて、この時期に使われる智ですが今日で売り切れとなりました。あと1セット残ってるのが智のボディに2ミリ径のカーボン足(テーパー付き)、PC1.5ミリ径のムク仕様です。ボディは11ミリ径と極太なので底釣り使用中に底を切ることも可能な高浮力タイプ。荒れた釣り場でも耐えられる仕様です。
                もう1セットは梓のハイテクパイプ中細仕様です。ボディ8ミリ径で野池ダムあらゆるところで使用できるはずです。底に限らず宙でも使えるオールマイティータイプです♪
                どちらも即納できますのでお問い合わせお待ちしてろいます。

                そんなことで改めて智の在庫作りをします。ノッ込みシーズンも始まったばかり。これから夏まで使われるタイプですからね。うん



                智のカーボン足およびPCムクトップ仕様。あと1セットありますのでお早めに♪



                梓のハイテクパイプ仕様。これも1セットあります♪

                大物取り逃がし(562回)

                0

                  昔から釣り人は大物を取り逃がすと、知人や家族にひときわ大きな獲物であったと話します。
                  実際は40センチほどのへらぶなでも『あれは絶対50はあった!』などと真剣に説明するわけです。
                  これは誰でも持ってる釣り人の気持ちなのか、あるいは人間というものはそういうものなのか。

                  私は今まで沢山の大物取り逃がしの話を聞いてきました♪
                  しかし話半分でしか聞いていない茅春です。『そうですか!そりゃ残念ですね〜!』と言いながら内心全く同情していません。へへへ
                  特に大物は釣り上げて何ぼの世界で取り逃がした話は笑い話しかならないからです。
                  ハリ掛かりさせてバラスのは腕が悪いな。とか、自分だったら取り込む自信はあるのになどと考えるわけです。

                  そんな私にも『大物取り逃がし』のお話はあります。
                  大物を始めた頃なんだけど、津久井湖でのことです。当時は毎週津久井湖の沼本に入り浸りで、幽霊に遭遇するまでは特にテニスコート下で竿を振っていました。極寒の1月半ばだったかな、夜中の1時ころのことでした。
                  水位が上げ止まりする夜の11時がチャンスなんだけどそのチャンスも訪れず日付が変わって今日も駄目だったかと半分諦めていた茅春でした。真冬でも短竿の辺を釣るのが当時のスタイルだったけど私はこんな真冬はもっと棚は深いと16尺一杯の底を狙っていたのです。
                  ほっておくとグルテンがシャリシャリになるほどの冷え込みのなか餌を打ち込みました。すると馴染んだ後すぐにトップが根元まで戻し始めたのです。今までなかったような前触れでした。大きなストロークで浮きが動いています。やっと来た!と思いながら竿を握る手に力が入りました。明確なアタリだけを狙わないといけない。チャンスは何度もないとわかっているからです。
                  3投目まで明確な食い当たりは出ませんでした。しかし次の餌うちのときその時はやってきました。大きな食い上げから3メモリほどズブ!っと入りました。すかさず合わせた瞬間獲物は沖へ走りました。竿がのされては一巻の終わりなので竿尻を低く構え竿を立てるのに集中した私です。水辺の左右にはボサが生えてるので走られたら不味いことはあらかじめ頭に入ってた私でした。しかしとてつもない力であったことはいまだに忘れていません。
                  しばらくすると魚が水面に浮かび上がってきました。一瞬水面に横たわった瞬間の魚体は見たこともない大きさのへらぶなだったのです。その魚体を目にした瞬間最後の力を振り絞って大物は右側の柳につ込んでいきました。そうはさせじと力いっぱいに左に竿を傾け絞りあげる茅春・・・
                  その瞬間大物の動きが止まったと思ったら上ハリが柳にかかってしまったのです。当然大物は音もなく逃げ去っていきました。

                  落胆した私は竿をほったらかしにしてしばらく水面を見つめていました。
                  目に焼き付いてる見たこともない魚体。そして強烈な締め込み。
                  いままで沢山は釣ってないけど50近いへらはそれなりに釣りあげてる茅春です。しかしこの時の締め込みや横たわった魚体は人の釣りあげた50上より格段に大きかった。
                  あのときの手ごたえをもう一度味わいたくて今でも釣れない釣りを求めてるんじゃないかと思ってる茅春です。

                  いや〜!そんな話は釣りあげてから言うもんだ!
                  はいはい!ごくろうさま!
                  そんな声が聞こえてきたなあ♪へへへ
                  まあ、取り逃がすという話は眉唾ものです。ブログに書いちゃったけどこんな話は自分の胸に納めておくのが良いでしょう。書いちゃったけどね!ハハハそれじゃまた!


                  思い出すこと(561)

                  0
                     格安の車を購入したのは良いのだけど車検からなかなか上がってきません。問い合わせをするとなんだかトランスミッションの不具合で急きょリビルド品と交換しないといけないらしい・・・
                    釣りに行きたいけど行けない茅春。困ったものです。
                    大型を狙い始めたのが今から25年ほど前で当時はサラリーマンだったけど土日は相模か津久井に入り浸り。それでも飽きたらず春先は平日でも仕事が終わったら釣り場に直行しナイターをしました。朝方6時ころ自宅に帰るとそのまま会社に直行・・・なんとまあ体力気力があったと今では感心してる。やっぱり若さなんだなあ♪へへへ



                    塗装の乾燥時間を使ってハリを結びました。ゴスケの13号と14号を20本づつかな。どうせ釣れないと思うけどね。ハハハ



                    野池ダムで活躍する梓です。ボディ8〜10センチ。8ミリ径です。足は4〜6センチ。上の濃紺にブラックグラデーションは1ミリテーパーグラスムク。手前の赤のこま塗りはハイテクパイプの中細です。
                    短竿から長竿まで一服状態や少し深めの棚を探るときには使い勝手は良いはずです。即納できますのでお問い合わせお待ちしております♪

                    へら浮子を作ること(515回)

                    0
                       私が本格的にへら浮子を作り始めて十数年が経ちます。
                      当初はへら浮子を買うお金が無くてしかたなく自作するというのがきっかけでした。ただへら浮子は一番最後で万力や竿掛け、玉枠、水箱などをメインに制作していたのです。特に万力は沢山作りましたね。杜松がメインだけど、イチイやケヤキでも作りました。
                      これらすべて買った方が楽なんだけど、ちょっとしたものになると高価ですので、それならば作ってしまえ!ようするにお金が無かったということです♪

                      へら浮子は生まれ育った東京から奥飛騨に来てから手を出しました。
                      若いころからへら浮子は自分には作れないなと本気で思っていて、決して手を出すことはなかったのです。
                      それがちょっとしたきっかけで作り始めましたのです。
                      羽根、発泡、バルサを経て最後にたどりついたのが現在のメインである茅だったのです。
                      普通の人は茅から始まって羽根になるのが一般的だけどわたしの場合はその逆をたどったわけです。
                      茅に魅力を感じたのは、比重の軽さと制作のしやすさでした。沢山作っていくうちにボディの形状もナイフ一本で自由に作りだせるのが最大の魅力なのです。

                      現代のへらぶな釣りの進化は早いものです。
                      釣り方や餌もすぐに変化しますね。私には到底ついていけないので現代の釣り方に合わせたへら浮子制作はもっぱらオーダーメイドによるものです。
                      抜きセットもちらほらオーダー依頼があります。注文票を見ながら制作するんだけど、出来上がってマジマジへら浮子を眺め、なるほどなあ〜♪お客さんに勉強させていただいてます。はい

                      先日電話で神奈川のヤマチャンが自分もへら浮子を作ろうと思ってると言ってました。
                      そうかあ!ぜひ作ってみたら!そう言う私です。
                      失敗と満足の繰り返しで気に入った1本が手に出来たら素晴らしいことだと思ってる。
                      人がなんと言おうと自分作ったへら浮子でへらぶなを釣り上げたとき、きっと今までと違ったへらぶな釣りの楽しさに気がつくと信じてます。
                      でも、あまりうまくなって注文が無くなるのもまずいなあ・・・私も頑張らないとね♪


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      書いた記事数:389 最後に更新した日:2015/08/21

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM